1. Top
  2. Planning
  3. Case02

プランニング

Before (Floor01)

Data

工事面積:208u
工事内容:築36年のRC一戸建ての内部・外部・外構の全面改装。設計監理での受注。

Before

各室が広く使い勝手が悪く、エアコンや暖房効率が悪いので光熱費が異常に高かった。特に冬が寒く、家の中でも厚着をしなくてはならなかった。

After

大きな納戸や適所に壁面収納を配置することで、物を収納しすっきりまとめ、家具を置かないことで地震対策も考慮している。天井や壁に断熱材(セルロース)を吹き、断熱樹脂ペアサッシを採用し、断熱性を高めている。

→施工例写真

After (Floor01)

Reform Point

01床暖房と仕上げ材に珪藻土を採用することで、広い空間でも冬暖かくすごせ、光熱費を軽減。
02外を見ながら家事をされたいという奥様のご希望で背面キッチンに。両サイドの壁面収納で雑然としがちなキッチンもすっきり。
03外からも入れて防犯も考慮したアトリエ。使い方や配置で色々な雰囲気を楽しめるアトリエに。
04洗面と浴室の仕切りをガラスにすることで、開放的で広々とした明るい空間に。
05玄関周りの物をすべて収納できるよう大きめのクローゼットを設置。靴をはいたままでも使用可能。来客の上着や冬のコートも収納可能。

Before (Floor02)

After (Floor02)

Reform Point

06ストック材料をすっきり収納しつつ、広々としたワークスペースを確保。
07たくさんのコレクションを見せる収納で楽しくすっきりさせた書斎。

Page Topへ